自宅でオリジナルTシャツを作る方法といえば?

オリジナルTシャツを自宅で作る場合、3つほど手法があります。
まずは、完全オリジナルの手描きです。

布用の絵の具を使い、筆やヘラ、指先を使って自由に絵や文字を描きます。
一点物のTシャツが出来上がります。

少しずつ完成する

次に、ボタンやリボン、フリルなどを自由に縫いつけるものです。
お気に入りのボタンや面白い柄のリボンを縫い付けると、こちらも一点物になります。

最後に、パソコンとプリンタを使い、好きなデータを転写用紙にプリントアウトし、
Tシャツにアイロン転写するものです。

手軽に数枚のオリジナルTシャツが出来上がります。
自宅でオリジナルTシャツを作る場合、手作業で作ろうとすると、
どうしても一点物になってしまいます。

面白くなる

もちろん、3つの手法を全て合わせても面白い作品になります。
ただ、市販の商品ほど、強度や耐久性がありませんから、
摩擦や洗濯でリボンの形が崩れたり、色移りしたり、
プリント部分が拠れたり剥がれたりすることがあります。

それらのデメリットもよく理解しておきましょう。