撥水のれんを扱うにあたり知っておきたいこと

撥水のれんのクリーニングについて

のれん生地には風を防ぐ効果を持ったものも多いのれんはお店の宣伝に使える商品で、よく使われていますが
中には撥水機能があるものも存在します。

撥水機能がある商品は雨に強く、汚れもつきづらいので利用しやすいです。


撥水のれんは使いやすい商品ですが、特殊なコーティングを
表面にしているので、洗う時は注意が要ります。


こののれんはクリーニングが可能ですが、普通に洗うと問題が起こります。
普通ののれんは洗っても問題が起こりませんが、撥水機能があるものだと上手く行きません。


撥水機能は洗濯すると弱くなるので、洗いたい時は対応が必要です。
撥水のれんの表面にあるコーティングされたものは
洗うと弱くなりますが、熱を加えるともとに戻ります。

文字のレイアウトから考えるのれん
そのため洗った後は熱を加えるとよく、アイロンなどを使って対応をします。

自分の所で洗濯する場合は洗濯機に入れて、刺激を与えないように洗います。
ネットなどに入れておけばダメージが減るので、色々な工夫をするといいです。


そういう形で洗ったあとはあるならば乾燥機にを使って、
熱を加えつつ乾かすと上手く行きます。


乾燥機は熱を与える効果が高いため、利用すればのれんの撥水機能がもとに戻りやすいです。
乾燥機がない場合はアイロンを使って乾かすと、熱の影響で撥水機能がもとに戻ります。


撥水機能は洗うと弱くなるのですが、熱を加えれば良いので対応はできます。
業者にクリーニングを依頼する場合は、撥水機能についてあらかじめ伝える必要があります。

のれんの種類や特性を知る
相手に伝えておけば業者の側で対応してくれるので、問題なくきれいな状態にしてくれます。
撥水のれんは水をはじく効果がある商品で、汚れもつきづらく長く使えるものです。


ただ何度も洗っていると撥水機能が弱くなるため、そういう点は気をつけなければいけません。
このタイプの商品を利用する場合は、洗うと撥水機能が弱くなる事を考えておくべきです。


弱くなった撥水機能は熱を加えるともとに戻るので、何らかの対策をしておけば上手く対応できます。

 

撥水加工・防水加工・コーティングされた布製品の特徴

のれんの中には撥水加工がされたものもあり、洗濯や乾燥の方法にもコツがあります。撥水や防水のために加工された生地には共通の特徴があり、外側は特殊な素材を使用してコーティングされています。防水された布の場合には、生地の内部の密度が高くなっていることも多く、内側でも水の浸透を防ぐことができます。

撥水加工や防水加工がされた布製品には共通の特徴があります。
水に強いことがこれらの布製品に共通していることですが、水がかかったときの布地の状態の変化について、微妙な違いもあります。
防水加工は生地の内側に水がしみこまないようにするための加工です。

撥水加工は生地の表面で水がはじけるようにする加工の方法で、似ているようで水を防ぐための機能は異なっています。
防水を目的として一般的に行われているのがラミネート加工で、生地の表面にポリ塩化ビニールを付加していくことで、水が中に入りにくいような状態にすることができます。
外側に付けられたポリ塩化ビニールの働きによって、水が外部か入ってくるのを防ぐことができますが、空気も外側から入らなくなるという特徴があります。

そのために水が大量に表面にかかった場合、生地の内部は湿度が高くなっている場合が多いのも大きな特徴です。
生地の内部の密度が高いこともこのタイプの生地の特徴で、内部の余分なスペースを埋めることによって、外側から入ってきた水分を内側でもブロックできるようになっています。

撥水加工として一般的に行われているのがシリコンコーティングですが、シリコンで布地の表面をおおうことにより、水がかかっても水をはじいて内部への侵入を防ぐことができます。
水滴をはじくことができるのが撥水加工された布地の特徴で、外部の水から布を保護することができます。

防水された布と異なっているのは、外側を中心に加工をほどこして水を防ぐことで、生地の内部の密度は変化していない場合も多いので、全体的な水を防ぐ機能は、防水された布とは異なっています。

撥水のために広く使用されているのがナイロンで、生地の密度が高いのが特徴になっていて、内部に水が浸入しても水がしみこみにくくなっています。
ナイロンは弾力性があることも特徴で、外部から力を加えても破れにくいために、布の強度が必要になる衣類などにも多く利用されている素材です。
濡れても乾くまでの時間が短いこともナイロンの特徴で、雨に濡れても短時間で自然に乾きます。
シワになりにくいこともナイロンの特徴で、アイロンをかけなくてもきれいな状態が保ちやすくなっています。
ポリエステルも撥水の目的でよく使用されている素材で、丈夫で長持ちしやすいことが大きな特徴です。
特に高温に強いために、温度の高いお湯が服にかかっても劣化しにくくなっています。ポリエステルも乾きやすい性質を持った生地で、濡れても着ていれば自然に乾きます。