ラインストーン

オリジナルTシャツ作りの中でも、ラインストーンを使うデザインは、
普通に絵を描くのとは違い、ちょっとしたコツがあります。

衿ぐりや裾や袖口のちょっとしたアクセントにストーンを使う程度なら、
縫い付けのタイプや、直接1つずつ貼付けて行くタイプでもいいですが、
大きめのモチーフやロゴの場合は、あらかじめシートになっていて、
アイロンで接着するタイプがおすすめです。

ラインストーンと一言でいっても、石の大きさ、形、色、
輝き方などで種類が色々あります。

大きさや形

せっかくのオリジナルTシャツ、色々こだわって作りたいですよね。
キラキラと目立ちたい場合はオーロラ系がおすすめです。

大人っぽいデザインにはメタル系やジェットブラックのストーンなどはどうでしょうか。

アイロンで接着するタイプの場合は、なるべく
ラインストーンの大きさ(高さ)を揃えましょう。

接着する際に均等に熱をあてられるので、しっかり付き、取れにくくなります。

それからアイロン接着で注意したいのが、アイロンのあたりです。
特に黒や濃い色のTシャツに接着する場合は、アイロンを
強く押し付けた後が、白っぽく出る場合があります。

コツを抑える

ラインストーン以外のところにアイロンが出来るだけあたらないように
気をつけたり、当て布をするなどして、あたりが出ないようにしましょう。

コツをおさえて、素敵なオリジナルTシャツ作りましょう。