撥水のれんを扱うにあたり知っておきたいこと

クリーニングが可能?

のれんの使い方って?撥水のれんは雨に強い特徴があるので、お店で使いやすい商品です。
この商品を利用する時は店の外が多いので、何らかの事情で
表面に汚れがついてしまう事があります。


汚れがついた時は綺麗にしなければいけませんが、クリーニングをしてよいのか判断に困る場合があります。
撥水のれんをきれいにすることは可能で、十分に対応すれば洗濯できます。


撥水機能があるものは表面に特殊なコーティングをしていて、それによって水を弾いています。
ただこの機能は万能ではなく、洗濯するとだんだん弱くなってしまいます。


弱くなった時はアイロンなどを使って熱を加えると、元の状態に戻せるので効果的です。
業者に頼んできれいにしてもらう時も、そのようことは指摘しておいたほうがいいです。

業者に確認
撥水のれんは使いやすい商品ですが、何度か洗濯をしていると効果が弱くなってしまいます。
このようなことはどうしようもないので、できるだけ汚れがつかないようにするのが大事です。


雨に濡れる場合も同じような問題が起こりやすく、雨がかからない所で使うと長く使えます。
多少濡れるくらいならばいいですが、よく雨が当たる所では使わないほうが上手く行きます。


クリーニングをする場合は自分でする方法も便利ですが、業者に依頼してしまうのも手です。
業者に依頼する場合はのれんの撥水機能について、事前に知らせておくことが大事です。


事前に知らせておけばそれに合った洗い方をしてくれるので、安心して仕事を任せられます。
自分で洗濯をする場合は普通の洗濯機を使って、洗っても特に問題ありません。
ただその時は別のものと、一緒に洗わないで行います。


洗う時はあまり激しく洗わないようにして、負担が軽くなるようにすると問題が起こりません。
洗ったあとは乾燥機に入れると熱の影響で、撥水機能がもとに戻りやすくなります。
アイロンを使って熱を伝える方法でも可能ですが、撥水のれんを洗う時は
何らかの形で熱を加える必要があります。

撥水加工